『まい足し』とは?

『まい足し』とは、いつものメニューにまいたけをプラスすることで実現する、美味しくヘルシーな生活のこと!

いつものメニューに美味しさと機能性をプラス 「まい足し」

MYメニューに毎日まいたけ!

「まいたけ」を使わないメニューに「まいたけ」をプラス!

「つくおき」常備菜・作り置き

「まいたけとメインの具材(量や栄養)を逆転」(逆転&かさまし)

「酵素プロテアーゼをプラス」お肉を柔らかく

「骨活」機能性PR

『まい足し』の美味しい理由

その1

きのこ特有の旨味成分『グアニル酸』

多くのきのこ類はグアニル酸を含み、昆布のグルタミン酸、鰹節のイノシン酸と並ぶ三大旨味成分。旨味成分は組み合わせることで、旨味が飛躍的に強くなることが知られています。雪国きのこを料理にプラスすることで、「旨味の相乗効果」を引き出し、さらに味わい深く、風味豊かなメニューになります。

その1

お肉を柔らかくするたんぱく分解酵素

まいたけのタンパク質分解酵素(プロテアーゼ)が肉のタンパク質を分解するとともに、うま味成分のアミノ酸等を増加させ、肉をやわらかくすると同時にうま味成分が広がっておいしさが一層増します!

その3

シャキッとした食感で、歯ごたえと満腹感を!

雪国きのこは他社に比べて含水率の低いきのこ。火を通してもシャキっとした食感でお料理にボリューム感を与えます。さらに噛み応えのある食感は咀嚼回数を増やし、早食いを防ぐことで食べ過ぎも防止します。

『まい足し』のヘルシーな理由

その1

お腹にうれしい食物繊維の宝庫!

食物繊維は、腸内環境を整える働きがあると言われています。まいたけに多く含まれる食物繊維には、便の量を増やしたり、脂質や糖質の吸収を抑制する効果も期待できます。

その1

免疫力アップのβグルカンがたっぷり!

まいたけにたっぷり含まれるα-およびβ-グルカンは、免疫力を上げる効果でインフルエンザ治療効果や抗がん作用など、生体防御機能を高めることが期待される機能性成分です。

その3

食後血糖値抑制に!

食物繊維には食後血糖の上昇を抑える効果があるため、食物繊維が豊富なまいたけにもこの効果があると考えられます。また、最初にとる食事(ファーストミール)が、次にとった食事(セカンドミール)の後の血糖値にも影響をおよぼすセカンドミール効果も期待できます!

その4

ビタミンDが豊富、骨活で健康長寿を!

身近な生活習慣の中でも、骨の健康は重要な課題となっています。魚、肉、チーズ、のりなどカルシウムが豊富な食材とまいたけを合わせることで、まいたけのビタミンDがカルシウムの吸収を促進。骨を丈夫にし、健康長寿をサポート。QOLの向上に貢献します。

イチ押し!『まい足し』レシピ

  • 『まい足し春野菜添えハンバーグ』

    いつものハンバーグのひき肉100gの半分(50g)をまいたけに置き換えると脂質カット、カロリーオフでヘルシーに!!

    美味しい
    グアニル酸で旨味UP!!
    ヘルシー
    脂質カット&カロリーオフに!!
    01
    作り方はこちら

    材料(4人分)

    雪国まいたけ極
    2パック(200g)
    合挽き肉
    200g
    新玉ねぎ
    1/2個(100g)
    牛乳
    50ml
    パン粉
    1カップ
    1個
    塩・こしょう
    少々
    サラダ油
    小さじ2

    春野菜

    春キャベツ
    4枚(400g)
    グリーンアスパラ
    4本(80g)
    プチヴェール
    8個(80g)

    ソース

    大根おろし
    適量
    ポン酢
    適量

    作り方

    雪国まいたけ極と玉ねぎはみじん切りにする。

    ボウルに①、肉、牛乳に浸したパン粉、卵を入れよく練り、軽く塩・こしょうして4等分にする。

    フライパンにサラダ油を熱し、形を整えながら周りを中火で焼いたら、フタをして弱火で蒸し焼きにする。

    春野菜はひと口大に切り、サッと茹でる。

    ③、④を皿に盛り付け、大根おろしとポン酢をかけてできあがり。

  • 『鶏肉しっとり!雪国まいたけとアスパラのカレー』

    いつものじゃが玉にんじんのカレーにきのこと春野菜をプラスすることで糖質カットでヘルシーに!!

    美味しい
    シャキシャキの食べ応えで満腹感UP!!
    ヘルシー
    食物繊維が食後血糖値の上昇をダウン(抑える)!!
    02
    作り方はこちら

    材料(4人分)

    雪国まいたけ極
    1パック
    鶏むね肉
    100g
    玉ねぎ
    1個
    じゃがいも
    1個
    にんじん
    1本
    アスパラ
    1束
    (市販)カレールウ
    4皿分
    サラダ油
    大さじ1
    500ml

    作り方

    雪国まいたけは食べやすい大きさにさき、一口大に切った鶏肉と一緒に袋に入れて揉み込んで40分程置いておく。玉ねぎはうす切り、じゃがいも、人参、牛肉は一口大にきる。アスパラは4センチ幅に切り、下茹でしておく。

    厚手の鍋にサラダ油を熱し、玉ねぎ、漬け込んでおいた鶏肉とまいたけ、じゃがいも、にんじんをよく炒める。

    ②に水を加え、沸騰したらあくを取り、弱火にして15分程煮込む。

    いったん火を止め、ルウを入れてよく溶かし、再びに火かけひと煮立ちさせた後、とろみがつくまで弱火で5~10分ほど煮込み、最後にアスパラを加えできあがり。

  • 『まい足し春野菜パスタ』

    まいたけなら満腹感UP!いつものパスタの量を減らしてまいたけをプラスすることで、糖質カット、カロリーオフ!!

    美味しい
    シャキシャキの食べ応えで満腹感UP!!
    ヘルシー
    糖質カット&カロリーオフに!!
    03
    作り方はこちら

    材料(4人分)

    雪国まいたけ極
    1パック(100g)
    雪国えりんぎ
    1パック(100g)
    雪国しめじ恵み
    1パック(100g)
    パスタ
    200g
    ベーコン
    4枚(80g)
    にんにく
    2片(20g)
    赤唐辛子
    2本(1g)
    オリーブ油
    大さじ2
    塩・こしょう
    少々

    春野菜

    ブロッコリー
    1個(200g)
    グリーンアスパラ
    4本(80g)
    スナップえんどう
    8本(40g)

    作り方

    雪国きのこは食べやすい大きさにさく。ベーコンはひと口大に切る。春野菜はサッと茹でひと口大に切る。

    沸騰したお湯に塩を入れ、パスタを茹でる。

    フライパンにオリーブ油をひき、にんにく、赤唐辛子を入れ弱火で炒める。

    香りが出てきたら③に①を入れ、火が通ったら茹であがったパスタを加え、塩・こしょうで味を調えてできあがり。